雨上がりのガーデンで感じたのは 寂しさと自分のスタミナ

雨量が何日も降り続いた庭園には、たくさんの雑草が生い茂っていて、緑一面になってしまっていました。草をひきたいのだけれど、暑くて出先に出ようとも思わないのです。
朝早くに少しだけ事務をしたら、直ちに汗まみれになってしまいました。住まい菜園もあるので、除草剤は使いたくはないし、だめとめる傍らに続けていきたいと思っているのですが。
しかしだ、草の是非が良すぎて、次に雨量が上がった時折元に戻っているので大いにだ。
毎年、同じことの繰り返しだけれど例年疲弊が、それに温度も高くなる一方で人体がきつくなってきています。年齢的こともあるとは思いますが。
久しぶりに庭園に出て感じたことがあります。今夏はせみの本音がしないのです。いつもこの時期にはやかましいくらい鳴いているのですが。そういえば、かえるの本音も低いみたいに感じます。
気候が少しずつ変わっていって要るってことでしょうかね。騒々しいのもお断りけどなくなってしまうのは淋しいだ。脱毛ラボ 24箇所